ゴルフ会員権|TOPページみんなの広場 プレーレポート筑波CC


みんなの広場

プレーレポート

筑波CC

今日は茨城県の歴史ある名門コース筑波CCでプレーしました。
肌寒い冬空のラウンドの中で、いったい筑波CCはどんなゴルフ模様を見せてくれたのでしょうか?
個人的な事としては、今年2回目のラウンド・・・それも正月以来のラウンドとなりました。
非常に不安な中でのラウンドとなりました。

#01 都心から非常に近いです。   #02 クラブハウスの中です。
   
image 案内看板からゴルフ場までのアプローチが随分長いコースってありますが・・・筑波CCはなんと国道沿いにある為、クラブハウスに向かうアプローチなんてありません。

右折、或いは左折した瞬間、そこにはクラブハウスが!

けして新しくないハウスですが、伝統を感じさせるシックな造りがグッドです。周りの木々や景観はやはりその辺のゴルフ場とは違った雰囲気を醸し出してます。
  image 非常にシックです。落ち着きがあって最高です。しかも毎週1回は建築設計の方が見えて、メンテナンスをされているそうです。

奈良の東大寺じゃないですが、どんな古い建物でも毎日磨けばピカピカ・・・。それを目指しているとの事です。素晴らしい事だと思います。

出来れば100年でも200年でもこのクラブハウスが変わる事がない様にお願いしたいですね。
 
#03 練習場です。   #04 クラブハウスの前です。
   
image広々としてこれまた最高です!横には小さなアプローチとバンカー練習場もありますが、インコースの出だしにはもっとちゃんとしたアプローチとバンカー練習場があります。

せっかくの施設なので、もっともっと沢山練習してる方がいると思いきや・・・・ほとんど誰も練習してません。

僕は当然のごとく苦手なバンカーショットを長い時間練習しました。果たしてその成果が出たのでしょうか?
  image実に広々としており、ここでも名門の雰囲気を感じます。

従業員の方も会えば必ず「おはようございます」と気持ちよく挨拶されます。皆さん本当に素晴らしい方ばかりです。

久しぶりに気持ち良くゴルフが出来るなー・・・そんな気持ちを自然にさせてくれます。

▲ ページトップへ

1番390ヤード P-4

imageさて、このホールは距離も短いし、フェアウエーバンカーもない・・・罠もなさそうです。

しかし見て解る通り、途中からフェアウエーの幅が狭くなってます。

と・・・実はそんなに狭くないのですが、人間の視覚って本当にあてになりません。そんな事を上手くコースに取り入れて、ティショットにプレッシャーを与えてます。

左がOBなのでフックは厳禁。しかし僕のティショットはスライスして右ラフ。セカンドが前の木が邪魔になって直接グリーンを狙えません。

スライスをかけてなんとかグリーンエッジ左へ。そこから寄せてパー。

久しぶりにしては中々良い出だしでしたが・・・。

▲ ページトップへ

2番590ヤード P-5

imageここで早速筑波CCの罠にはまりました。ティショットはまたしてもスライスで林方面へ。しかし運良くセカンドはぎりぎりウッドで打てる場所にありました。

写真で解る通り、左に見える木の先がグリーンです。右側に安全にアイアンで刻めばよかったのですが・・・・果敢にも木越えを狙って・・それも最高のショットだったのですが・・・「カコーーン!」と見事木に当たりました(泣)結局そこから出すだけで、寄らず入らずのダボ!!設計家の罠にはまりました。

▲ ページトップへ

3番410ヤード P-4

image 筑波CCでは一番難易度の高いホールです。何度かラウンドした事のある同伴者も嫌らしいし嫌いなホールだと言ってました。しかし一見そんなに難しく見えないのですが・・・・。

ティショットはそこそこのナイスショットでやや左へ・・・ところが・・・なんとギリギリセーフ!ちょっとでもあそこからフックしてると崖に落ちてOBだったかもしれません。左がそんなに浅く見えないのが罠です。かといって右も浅いので・・・ティショットの難易度が高いホールですね。とりあえずパーでしたが。

▲ ページトップへ

4番155ヤード P-3

image 左即ペナルティのホールです。グリーンも小さく距離はないのですが難易度がそこそこのホール。

しかし!僕はなんと1mにベタピン!

しかも!なんと30組からなるコンペでニアピンまでゲットしてしまいました!!

しかし!!

入りません・・・・・。結局パー。

▲ ページトップへ

5番355ヤード P-4

imageここは距離のないミドル。

ティショットもフェアウエーを捉えて、セカンドもPWの距離でした。もう楽チンでパーかと思いきや・・・・なんと!ハーフシャンク!上からボールをつぶそうとしてダウンでヘッドが急激に降りてきてしまいました。

右のバンカーへ・・・・苦手なバンカーショット・・・果たして!

しかし!これが見事ワンピンによりました。

しかし!結局入らずボギー。このホールはなんとしてもパーを取りたいホールですね。

▲ ページトップへ

6番165ヤード P-3

imageここは池越えのショート。ピンがしかも手前に切ってあった為、大きめの番手で打たないと危険です。

グリーンも小さいので距離のわりには難しいショートだと思いますが、幸いなのはバンカーがない事でしょうか?

なんとか右3mに乗せてパー。グリーンが縦長で嫌らしいホールです。

▲ ページトップへ

7番435ヤード P-4

image距離のあるミドルホールです。ティショットはまあまあ。セカンドは乗りませんでしたが寄せやすい位置へ・・・。そこからワンパットのパー。

ここまでなんとか3オーバー・・・。

30台までもうすぐですが・・・果たして?

▲ ページトップへ

8番400ヤード P-4

image今度はティショットがひっかけ!

あの丸の位置へ・・・・
 
imageご覧の通り、セカンド地点からはグリーン直接狙うには相当勇気が必要です。右からフックかけたいですが・・・・右にはバンカーが。

高い球を打つしかありませんが、ここからピンまで170Y有りますのでこれまた厳しい。。。

しかしなんとか上手く高いボールで打ったのですが・・・・・結局右のバンカーにつかまってボギー。

筑波CCは木がフェアウエーに結構せり出してますので・・・勇気と冷静な判断が要求されますね。

▲ ページトップへ

9番495ヤード P-5

imageこのホールは距離の短いロング。

サービスロングか?ならばなんとしてもバーディゲットして30台で前半は終えたい!

しかし・・・上手く設計されてます。。。。

2オンを普通の飛ばし屋では狙えません。
 
imageグリーン手前にパックリと池が待ち構えてます。

これがまた・・・ここまで来て初めてその大きさが解るのですが、遠くからではそんなに大きな池に見えません。したがって飛ばし屋が間違って狙うケースもあるかと思いますが・・・・中々キャリーで越えてくるのは困難かと思います。

僕はティショット右の林へ・・・しかしそこからなんとか池手前まで出して・・・。パーオン。

しかし結局パーでした。
 
image結局前半OUTは40でした。

DRは曲がりまくってこのスコアですから・・・ん?筑波CCって案外やさしいコースなのか?

と思いましたが・・・・実は後半INコースはいよいよ筑波CCが牙をむきました。

ヤーテージもIN方が200Y近く長いわけですが・・・・僕はまったくそんな事前調査しませんでした。

後半からは地獄の始まりです。。。。

▲ ページトップへ

10番550ヤード P-5

image比較的長いロング。しかしフェアウエーは広そうですが・・・・。なんといきなりチョロフック!!150Yも飛んでいませんでした。。。そこからのセカンドもダフってしまってサードショットを打ち終えてもまだ100Y残るといった体たらく。。。。

結局ダボスタート。。。

いや・・・実を言いますと・・前半筑波CCをなめてました。こんなもんかと!

しかし・・ここから地獄の始まりでした。。。

▲ ページトップへ

11番365ヤード P-4

imageここもですね・・・・なんて事ないミドルなんですよ。僕はまた大スライスだったのですが・・・フェアウエーが下ってまして、運よくしたまで転がっててピンまで80Yでした。

しかし・・・距離感を間違えてショート。

そこから寄せきれずボギー。。。

もう2ホールで3オーバーです(やばい)。
 
imageこんな感じで短いミドルでも・・・グリーンを外すとバンカーがぱっくりと口を開けて待ってます。

グリーンの傾斜が左傾斜なので・・・左にピンが切ってあって少しでもそこから左に行くとバンカーに入る設計です。

中々・・・よく出来たコースだと思います。

▲ ページトップへ

12番440ヤード P-4

imageここではDRどひっかけ!!この長いミドルでは致命傷です。

セカンドは無理やりフックさせればなんとかグリーン手前には持っていけそうです。残り180Yを絶対フックしかしない4Wで打ったのですが・・・わずかに木にあたってグリーンエッジ。。。

結局ボギー・・・

それにしてもティショットがむちゃくちゃです。

▲ ページトップへ

13番185ヤード P-3

imageこのショートは難易度が高いです。右に手前にはバンカー群がプレッシャーとなって・・・つい左に逃げがちですが・・・実は左こそ罠なんです。

僕はちょっと噛んだだけでしたが・・・わずかにグリーンに届かず右のバンカーへ。しかし左バンカーに入った方は最悪でした。グリーンの傾斜が左下がっており、ちゃんと乗せないと、コロコロと後ろに落ちます。そこからの寄せは超ロブ以外よりませんが・・・ミスを挽回しようと出来ない事をしてまたミスをします。同伴者の方はここまで良いゴルフしてましたがここで6をたたきました。

僕はバンカーからワンピンに寄せたのですが・・・結局入らずボギー。しかし右側の方がまだ良かったと思いました。

▲ ページトップへ

14番570ヤード P-5

imageこのロングは・・・ほんとうに嫌らしいです(笑)

超右ドッグレッグなんですけど・・・ショートカット気味に打たないとまったくだめです。このホールはむしろバックティからの方がティショットは狙い易いと思います。フロントからだと結構まっすぐ良い当たりだったのですが(真ん中に見える木よりやや左)それでも奥のラフまで行きました。

そこからセカンドは前の木にあたって「コーン」と林の中へ・・・。仕方なく出すだけ。4打目はなんとかグリーンオン・・・。やっとこさのボギー・・・。

なんとここまで7オーバーです。ボギーペースですら回れません!やばい!!(汗)

▲ ページトップへ

15番135ヤード P-3

imageさて・・・・このショートも短いです。短いのですが・・・またしても罠が潜んでそうです。

距離がないショートはどうしてもピンを狙いたくなりますけど・・・僕は右の安全な広い方にターゲットを置きました。これが正解でして・・ちょっとひっかけたのですが、左に乗りました。バーディチャンスです。しかし同伴者の方はちょっとショートしただけなのに・・・手前からコロコロと池の縁までボールが落ちました!そしてまた手前のバンカーに入って・・それがまた顎が深く・・・目玉になったりなんだりでその方はなんと8!!

恐ろしや筑波CC・・・今日はフロントで実質110Yしかないショートで・・・・。

僕はようやくパーが来ました。なんとか波に乗りたいのですが・・・・。

▲ ページトップへ

16番465ヤード P-4

imageこのホールでやってしまいました!

またしてもティショットはチョロフック!もうクラブ壊そうかと思いました(泣)こんなひどいショットはほんとここ数年ないってくらいひどかったです。やはり練習してないと・・・ゴルフの神様は試練を与えてくれますね。この長いミドルでこのティショットは致命傷です。ここもフロントからですと右にスライス系のボールを打たないと駄目です。ティショット自体はバックからの方が楽でしょう。

しかし距離がたっぷりとあるのでボギー狙いのホールですね。

僕はなんとかスリーオンしたのですが・・・そこから3mのパーパットを外して・・・さらに50センチをペローンと外して痛恨のダボ!!

死にました・・・・。もう本日は閉店です。

ちなみに同伴者のTさんはもうこのホールで帰りたいと申しておりました(笑)

▲ ページトップへ

17番410ヤード P-4

imageあがり3ホールがミドルって・・・難しいんですね。あがり3ホールの内、どこかにパー3とかパー5とかあれば・・・残り3つをパープレーで回れる可能性がありますが・・・。

残り3ホールミドルを全部パーというのはまず普通のアマでは難しいです。

したがってここまで2オーバーで来ないと30台は見えてこないんですね。ある意味夢を見させない厳しい造りだと思います(笑)

このホールはティショットまあまあで、セカンドもグリーン右に乗ったのですが・・・なぜかもうこの辺りで集中力を欠いて大オーバー!

結局3パットのボギー。。。

▲ ページトップへ

18番390ヤード P-4

imageさーて・・・いよいよ最終ホールです。

やや右ドッグのこのホールもまたティショットの狙いが難しいです。スライサーには問題ないと思いますがフッカーには相当イメージがわき難いです。同伴者のフッカーKさんもやや左に行ってました。良いボールだったのですが・・・そうするとピンまで距離が残ります。

僕はもう最後は適当に打ちました。それが何故かフェアーウエーの今日一番のショット(笑)まーゴルフってそんなものですね。
 
imageセカンド地点からクラブハウスが見えます。

ここも両サイドバンカーに囲まれて正確なショットを要求されます。ただフィニッシュホールとしてはもう少し筑波CCの顔を見せてほしい気もしますが・・・・・このホールに関しては現在の高麗グリーンの方が良い顔をしてる様に思いました。

僕が見た感じではベントより高麗の方が筑波CCの素晴らしさを感じされそうな気がしましたが・・・果たしてメンバーさまのご意見は如何なのでしょうか?

結局最後はパーオンのパー。後半はなんとか45でおさまったって感じです。。。。
 
image今日は特別ベントグリーンでのプレーだったそうです。中々良いコンディションだったと思います。

いよいよここ筑波CCも両ベントにするとの事です。時代の流れですね・・・・。しかし、僕は筑波CCの状態の素晴らしい高麗グリーンでプレーをしてみたかったです。

ほんとうに高麗グリーンでのプレーする機会が減りました。高麗でも仕上がりの良いグリーンはベントより難易度も高く面白いと思います。

▲ ページトップへ

結局今日はOUT40IN45の合計85ストロークでした。
ティショットがとにかくひどくて、フェアウエーキープしたのが3ホールという有様。。。
この様な林間コースでこれではどーしようもありません。

そしてコースについてですが、林間コースって非常にフェアーだと思います。曲がった時、木に当たってのラッキーアンラッキーはあるにせよ、基本的にミスはミスとはっきり出ます。
問題はそこから人間の心理がどう働くか・・・林から冷静に出すべきなのか・・・それとも狙うのか?
この自分との戦いが林間コースのもっとも好きな部分です。
僕は性格的に狙えれば狙うタイプなので・・・いつも失敗して後悔してます(笑)
非常に男性的な部分と女性的な部分がミックスされた素晴らしいコースだと思います。

ティショットは距離とコントロール性の両方が必要とされます。

グリーン周りのバンカーも難しい。。。。バックティからでは中々70台は出そうにないコースですね。

何度来ても飽きない林間コースだと思います。

また一番素晴らしいのは今回のキャディさんを含めて従業員教育です。
これぞさすが名門!!もう何も言うことありません。

そして・・・実は料理も最高においしいです!
料金も1500円クラスでステーキが食べれますが・・・これがまた絶品!!
すべての評価としてオール90点といったところでしょうか。

スコアはともかく・・・今日は名門コースを堪能できて大満足でした。

ゴルフ会員権の明治ゴルフ TOPページゴルフ会員権相場検索マイコース登録みんなの広場プレーレポート営業マンブログ掲示板会員権講座お問合わせ
個人情報の取り扱いサイトマップ会社案内