アスレチックゴルフ倶楽部

今日は美しくかつ戦略性が高いと評価されているアスレチックゴルフ倶楽部にプレーしてきました。

水の魔術師と言われてる小林光昭氏設計のこのコース。美しさに気を取られ罠に嵌ってしまうのでしょうか・・・・?

image

#01 クラブハウスの外観です。

image

実におしゃれと言うか・・・・まるで外国に来たかの様な雰囲気の倶楽部ハウスです。

#02 クラブハウスの中です。

image

ハウス内も一見豪華に見えますけど嫌味がなく、
シックかつ洗練された素晴らしい空間がそこにあります。

#03 ロッカールームです。

image

ロッカールームがこれまた素晴らしい!

二階はビジター、地下一階はメンバーと分かれてます。
そしてそのロッカー内にも語らいの空間が存在してます。

image

#04 練習場です。

image

ハウスを出ると普通は最終ホールのグリーンか、もしくはティングランドが見えますけど・・
なんといきなり目の前に練習場が!

この景観も中々グッドですけど・・・・ゴルフ場は通常練習場は一番遠い場所にあります。
私はそれが仕方ないとはいえ中には相当歩かないといけないケースもあって、
疲れてしまって何とかして欲しい!と思う時ありますが、ここはもう最高です!

#05 アプローチ練習場です。

image

もちろんアプローチ練習場もあります。

それにしても・・・・グリーンが異常なほど早かったです。
久しぶりに味わった高速グリーン。

アプローチも相当スピンかけないと止まりません。

「寄せとパッティングがが厳しい一日になるなぁ」と思いましたが・・・・・・・・

1番408Y P-4

image

やや左ドッグのミドルホール。林間風の雰囲気が素晴らしいです。しかしここはキャディさんの言うとおり右側に打たないとOUT!
左はOBもあり、仮にフェアウエーだったとしてもグリーンを狙うのが困難になります。

そういわれても・・・・私のどフックはかろうじて左ラフ。まったくグリーンが狙えず出すだけのショットになり結果ボギースタート。

2番201Y P-3

image

今日私達は青ティだったので距離にして175Y。ややアゲンストだったので・・・謙虚に4番アイアンで打ったら完璧なショット!
ボールがピンに向かって真っ直ぐ突き進んでいきます!!

「こりゃベタピンだ!」と思った瞬間ワンバウンドしてピンにダイレクトに「ガコッ!」

「ええええっ!!(汗)」

image

いやーほんとに驚きました。ピンに当たってなければ大オーバーでした。

まあ・・・・バーディパットは大ショートでしたけど。実は練習グリーンより本グリーンの方が遅かったです。
しかし・・・練習グリーンでの速さが感触に残ってまして・・・その後パッティングで苦労する羽目になりました・・・

3番553Y P-5

image

やられました。。。このホールは一生忘れません。

左OBの右が池といったシチュエーション。どっちにも曲がる自分としてはどー考えてもミスするホールです。
不思議なもので・・・・池の方がOBよりまだましなのですが、目に見える池方向には打ちたくないと体が勝手に反応します。

僕は案の定・・・・またもチーピンで最悪のOB!

結局このホール8!!

早くも・・・・終戦です・・・・・(TT)

4番384Y P-4

image

一番後ろのブラックティから池までは300Yなので問題ありません。しかし青ティからだと飛ばし屋は入ります。
僕は当然・・・ドライバーですが・・・(ある意味泣き)開き直ったと言うか・・・・怒りのショットは完璧な当たりでフェアウエーど真ん中!

しかしグリーンには乗っただけで・・・・パッティングも大ショートで必死のパー。

5番375Y P-4

image

このホールも左OBのやや左ドッグレッグ。実はOUTのその殆どが左OBでしかも浅目なんです。
従いフッカーの自分にとって相当辛かったです。

このホールも結局ひっかけて・・・・またグリーンを狙うのにはインテンショナルフックが必須。

何とか乗せましたけど・・・・ロングパットが残りました。結局スリーパットのボギー。

6番560Y P-5

image

超左ドッグレッグのロングホールです。右側が安全ですが、そうするとセカンド、サードショットが苦しくなります。

かといって左ギリギリはOBの可能性があります。

とはいえ・・・右に逃げすぎまして・・・・
結局わけのわからないライからのセカンドショットは絶対入れてはいけない右の池に入りました(泣)

その景観は本当に美しいわけですけど・・・・頭に血が上った私は写真を撮る余裕なんてこれっぽっちもありません。
しかしそれでもなんとか必死のボギー。

7番425Y P-4

image

さて・・・・ここが恐らくアスレチックの名物ホールのひとつではないかと思います。

この大きな池に向かって打つ。池を越えるには方向性としっかりとしたヒッティングが必要となります。
それに自信がなければ大きく広がった左フェアウエーに打てばいいのですが・・・・

そうすると200Y以上距離が残ります。

正直言いまして飛ばし屋が圧倒的に有利です。
青ティならともかくその後ろの黒ティからだと池越えは飛ばし屋でないと狙えません。

しかし・・・・飛ばし屋には飛ばし屋の罠がありまして・・・・・
池のさらに奥に池があるため方向を間違えると奥の池に飛び込む!

案の定・・・同伴者の飛ばし屋Wさんはキャリーで270Y打って奥の池にぽっちゃーーん!

ありえない・・・・化け物です。だって私の場合・・・・

image

もう・・・ギリギリだったんです。しかも「ああ越えてよかった」と思いきや・・

・ピン真正面にヤーテージ木が(泣)

ショートアイアンのフックって結構難しいんです。それでもフック上手く打ったのですが大オーバー。

寄せきれず・・・結局ボギーでした。

8番184Y P-3

image

このショートはどう考えても左に打てません。ピン位置によって難易度が倍近く高くなるホールだと思います。
今日はほとんど真ん中だったのなんとか乗せてパーでしたけど・・・・
若干フックだったのでもし左にピンが切ってあればOUTでした。

9番376Y P-4

image

image

このホールもグリーン手前に池があります。飛ばし屋は確実に入りますので刻みが正解。

私は関係なくドライバーですがとりあえずフェアウエー。

しかし残り110Yが乗りません。ひっかけて左ラフ。

とりあえず・・・・ここまでワンパットが一回もないので・・・・これをなんとか寄せてパーを取りたい!!

の祈りが通じてか完璧なアプローチでOKパーでした。

image

結局OUTは43。

池ポチャ一回。OB一回。であればまあ仕方がないでしょう。
むしろショットのわりにはよく堪えた方です。

それにしても左側ほとんどOBは堪えました。思い切って振り切れず結果フックするわけですね。
果たして午後はどうなる事やら・・・・・と思ったのですが・・・・

10番406Y P-4

image

実はINはOUTの逆。つまり右側がOBホールが殆どです。

従いこのホールも右がOB。左は林ですけど・・・・OBじゃないならOKです!

image

って事でティショットはフックだったのですが・・・・曲がり幅も小さくすみ何とかグリーンエッジまで持って位って寄せてパー。
僕の場合、乗せてパーより寄せてパーの方が波に乗れます。

11番386Y P-4

image

距離がないホールですけど・・・・左右のバンカーが効いてます。何てことないホールのはずです。
ハンディキャップ16のホール。つまり3番目に優しいホール。

しかしここで大苦戦!
セカンドをダフリミスして右バンカー手前のラフ。3打目バンカー越えアプローチも大失敗して大ショート。
しかしなんとか4打目をOKにつけて必死のボギーでした。

12番412Y P-4

image

ここがティングランドです。このホールはティショットが難しい!

何とか右ギリギリフェアウエーを捕らえて、マグレでパーオン。
しかし・・・一歩間違えればボギーもダボもあるホールだと思います。

13番187Y P-3

image

このホールは間違っても左はだめといった設計です。右側ならミスしてもパーの可能性があります。

僕は偶然にも乗せてパー。しかしアイアンも若干ひっかけ気味です。
しかし曲がり幅が少ない為ここまで助かってます。

14番361Y P-4

image

このホールも距離はありません。
しかしフェアウエーが一番狭く感じられるホールでティショットのプレッシャーが半端じゃないです。

僕はまたしてもひっかけ気味でピンを狙えず・・・・右側を狙ったのですが当たりが悪くバンカー。

当然バンカーから寄るはずもなくボギー。しかしここまで後半2オーバー。

15番536Y P-5

image

さて・・・・このホールもティショットがやっかいです。
正面に見える池。これを避けるには右の林越えですけど・・・そこからスライスしようもんならOB。
またかりにうまく越えてもそこにはなんと3つのバンカーが並んでます。
僕のティショットはかろうじてバンカーとバンカーの間で止まってくれてました。

imageまた池方向に行ってしまい運良く入らなかったとしても・・・・

この様にわけのわからない状態が待っております・・・・・
恐ろしいホールだと思います。

image

そして私は本日一番近いバーディチャンス!これが入れば後半30台がぐっと迫って来ます!

しかし・・・・ボール一個ショート(泣)なさけない・・・・・

16番204Y P-3

image

こんな広いショートホールは珍しいです。しかし距離がある為パーを取るのは容易ではありません。

私は完璧なミスショットで右のバンカー。グリーンの傾斜が難しく、寄せ切れません。結果ボギー。

ついに後半3オーバー。もう後がない!

17番389Y P-4

image

このホールは打ちやすかったです。したがって本日一の完璧なショットでなんとかパー。

最後なんとかパーで30台頑張るぞ!

18番555Y P-5

image

このホールも飛ばし屋が圧倒的に有利。しかし・・・それはあくまでティショットまで。
私は万が一ひっかかれば池なので右に逃げましたが逃げすぎまして・・・・

image

この位置から必死で乗せて・・・・・必死でパー!やった!

結局後半39!

前半後半あわせて・・・82でした。

最近不調だったので、少し自信回復しました。

とにかく素晴らしいコースだと思います。
グリーンが練習グリーン並みであればもっと良かったと思いますけど・・・・
しかしそれだと前に進まない可能性もありますね。

とにかくメンテナンスも抜群で、時折綺麗な植栽が大きな池と同調して気持ちを和ませてくれます。

飛ばし屋有利のホールもありますけど、単に飛ばすだけではだめで、
ミドルヒッターにもパーが十分取れるチャンスがあり非常にバランスが良いコースだと思いました。

クラブハウス、練習施設、コース、メンテナンス、どれを取っても一流の部類だと思います。

なるほど・・・・年会費が最近まで12万だった理由も解ります。
この状態を維持して頂けるならばある程度納得でしょう。むしろ今の6万円が安く感じます。

立地が悪いのが難点ですが、都心部からも来場している方が多い理由も納得です。

確かに・・・・一日気持ちよくプレーできるこの環境。距離が多少遠くでも通いたくなりますね。

名門コースに相応しい素質を持ったゴルフ場と言えると思いますので・・・
これからもこの状態を維持して歴史を重ねて行って欲しいですね。

基本情報

住所:
茨城県稲敷市東大沼402
電話:
0299-79-1100
FAX:
0229-79-1116
休日:
12月31日・1月1日
ホール数:
18H
練 習 場:
あり
乗用カート
あり
クラブパス:
あり 佐貫駅 成田駅
コース種類:
丘陵林間
加盟団体:
JGA、KGA

会員権情報を見る

掲載日時:2008年8月10日