富士レイクサイドカントリークラブ

今日は夏のプレーは最高!と言われる避暑地。
その中でも特に戦略性が高いと評価されている富士レイクサイドCCにプレーしてきました。

この地域の特徴はとにかくグリーンが速い事とそして芽がきつく、パッティングに苦労する事です。
数年前来た時、硬くて速いグリーンにかなり苦しんだ記憶があります。
普段行っているコースより、、まず5打は違うと言われる富士レイクサイド。果たしてどんなゴルフになったのでしょうか・・・?

image

#01 クラブハウスの外観です。

image

ハウスに来る途中、その富士山の素晴らしさに目を奪われました。

クラブハウスから見える富士山も絶景!

#02 クラブハウスの中です。

image

スタートは9時半なのに・・・・
6時半に着いてしまいました(相当前のめり?)
案の定、受付にはまだ誰もいません。

果たして、この前のめり具合がどういった結果になったのでしょうか・・・?
(多分・・皆さんの予想通りです)

#03 ロッカールームです。

image

ロッカールームです。
比較的綺麗で、可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

#04 練習場です。

image

練習場です。
広々としてますし、なんと言っても富士山に向かって打つ!
最高じゃないでしょうか!

またこのすぐ隣がINのスタートホールなので、
INスタートの場合、ギリギリまでボールが打てるメリットがあります。

#05 アプローチとバンカーの練習場です。

image

アプローチとバンカー練習場もあります。
施設はけして広くありません。
その奥に見えるのがINのティンググランドです。

ここは今日クローズしてました。
早く来てアプローチの練習をしようと思ったのですが・・・・
既に泪目です(泣)

#06 グリーンスピードです。

image

今日はグリーンスピードが8.5フィート。
やっと長い冬が終わって、芝が育ってないせいか・・・
あまり刈り込めないのでしょう。
高速グリーンをイメージして練習して来た私にとって、
この重めグリーンに最後まで苦しむ事になろうとは・・・・
この時点で解るはずもありません。

1番449ヤード P-4

image

今日はフルバックティからプレーする事になりました。
出だしは豪快な打ち下ろしの長いミドルホールです。

久しぶりのゴルフでしたが、なんとかティショットは左のセミラフに止まってそこそこ飛んでました。
しかし残り175Yをアイアンでトップ。
アプローチも寄らずボギー発進。まあでも、距離のあるミドルですのでまずまずの出だしと言えます。

2番177ヤード P-32番

image

このショートは難しいです。
左のサブグリーンとの間にバンカーがあります。かと言って右に逃げてもバンカー。
パーオンするかもしくは、左手前に刻むしかパーチャンスはありません。

私のティショットは最悪にも右のバンカーのさらに右へ!
右からフックのつもりが・・・そのまま右へ行ってしまいました。
目の前には木が邪魔でしかもバンカー越えのアプローチ。

なんとかグリーンに乗せたものの・・・・6mのパーパットをどショート!結局3パットのダボ。
実は前のホールも大ショートしてしまいました。

「速い」といったイメージでパッティングしてしまってます。しかし解っていても・・・
人間中々すぐに順応出来ないものです・・・・。

3番404ヤード P-4

image

このホールティショットは狙い通り右へ完璧でした。
距離も出ていて残り135Y。

しかしダフってショート・・・。アプローチもそこそこ寄せるもまたしてもパッティングがダメでボギー。
だいたい出だしから2パット3パット2パットとかの流れで来た日は、ろくな日じゃありません。
これが同じスコアでも1、2、1ぐらいで来てると不思議となんとかなります。
当日のパッティングの良し悪しは最初の3ホールが結構重要なんです。

4番524ヤード P-5

image

こういう流れだと、良いショットも運が悪い結果になりがちです。

ここも安全に広めに見える左サイドに完璧なショット。
こういった右ドッグのシチュエーションは右目ショートカット気味に打ちたいのですが・・・・
しかしそこには罠があります。

ところが!

ここは左に罠が・・・・ティンググランドからほんのわずかしかみえないバンカーが・・・・
しっかりと入ってまして・・・そこからチョロ!(泣)
しかし残り200Yをなんとか乗せて本日初のパー!

「よし!ここから流れを変えてやる!」と意気込んで・・・・

5番179ヤード P-3

image

この打ち下ろしのショートで5鉄がついに火を噴き完璧なショット!
(すわ!ホールインワンか?!)とカップをかすめ・・・奥に5mナイスオン!

(よし!きたぜ!流れがきたぜーー!)と・・・・思いきや・・・

なんとこの下りバーディパットを1mオーバーしてそれを外してボギー!(泣)
調子に乗って・・・バーディ狙ってしまった事を後悔・・・

そしてその瞬間、流れが一気に悪い方へ・・・・

6番327ヤード P-4

image

距離のないパー4。

ここでなんとか挽回したいところですが・・・見た目通り、左OBゾーンが浅く、距離はないのですが難しい臭いがプンプンと・・・。

OBゾーンを避け、安全に右へ。完璧狙い通りのショットでした・・・
が、なんとわずか10センチの差でバンカーに!(なんでやねん(泣))

アドレスはフェアウエー。しかし打つのはバンカーの中のボール。
このショットをおもいっきり引っ掛けて左のサブグリーンへ・・・
そしてバンカー越えのアプローチでものの見事ミスしてバンカーへ・・・(泣)

結局このホールダボ。もう・・・この悪い流れを断ち切る事が出来ません。

7番418ヤード P-4

image

このホールもティショットは完璧でした。しかしまたしてもセカンドをミスしてボギー。

8番384ヤード P-4

image

そうした悪い流れを、さらにここで悪化!
ついにここでティショットを完璧にミス!ひっかけて左の林に。。。

実は最初は右のこんもり上がった山付近を狙う予定でした。
しかし最初にティショットしたAさんがその方向に打つ屋や否や「暫定球お願いします」です。

「え?あのショットで?」

結果・・・セーフだったAさんのショットですが、右も浅いと感じた事が結局こうしたミスになったのかもしれません。

しかしこの左へのミスは致命傷。
フェアウエーに出すにも一苦労。そして何をやったか記憶がありませんが・・・

スコアカードに7と書いてます。。途中で恐らく放心状態になったのでしょう。もう今日のゴルフは閉店しました(泣)

9番489ヤード P-5

image

このロングは以前プレーした時、2mの横からのバーディパットがカップを舐めて外し、
そしてなんとそのボールがコロコロと10m以上転がってグリーンの外に出た・・・そんな事もあって、強烈に印象が残ったホールです。

私のティショットは左に見える木の方向に飛んで、ラフ。

しかし・・・ここから大ダフリ!そしてサードショットもどフック!
しかし・・・アプローチは1mに寄せました。
しかし!入りません。

結局このホールもボギー。結局前半はあわや50叩きの48。

ここ数年のハーフワーストかもしれません。
前半のパット数は20。

ショットも酷いですが、それ以上にパッティングが酷い。距離感も方向もまったくダメ!

ハーフ終了

image

食堂からはこの様に、美しい富士山が目の前に映し出されてます!
この瞬間・・・・悪かったスコアの事を忘れてました。本当に富士山は素晴らしいですね!
よし!後半は頑張ろう!

image

食事も中々グッド!
私はカツカレーを食べましたけど、最高においしかったです。
そのほかの料理も皆さん好評でした。

10番425ヤード P-4

image

さて、後半は長いミドルホールからです。
しかしご覧の通り、フェアウエーは広く思い切って打っていけます。

ただ今日は風がアゲンスト。そしてだらだら上りの為・・・・ティショットは良かったのですがセカンドが200Y近く残ってしまいました。
結局ここでも乗らず、寄せても入らずボギー。

11番436ヤード P-4

image

このミドルも長いです。
しかも右傾斜の為、フェアウェー左サイドに打っていかないとダメ。しかし左はOBが浅いといった難易度の高いミドルです。
私のティショットは狙いとは逆の右へ。

そして・・・・

image

この様に、グリーンを狙えない状況となりました(泣)
ここも結局ボギー。やはり後半もダメなのか!?

12番186ヤード P-3

image

ここは富士レイクサイドCCでもっとも標高が高い場所です。
およそ1200m
夏は一番涼しい場所です!と言うか・・・・一番恐怖で涼しい場所かも?(笑)

このホールも左右へのミスは容赦しません。右のバンカーに入りました。しかし上手く出して1mのパーパット。
入りません。とにかく今日は入りません(いや・・・今日もか?)

13番507ヤード P-4

image

このホールは豪快なうち下ろし。しかし左OBが浅いので右狙い。
完璧なティショット!
と思いきや・・・・またしても・・・・・

image

グリーン方向を狙うにも木が邪魔。
ツーオンできるところまで飛んでましたけど・・・・結局右に刻んで、なんとかパーです。

14番444ヤード P-4

image

このホールはINの難易度ナンバーワンホール。
目の前の富士山は絶景ですが・・・・距離があって難しいミドルです。

しかしここも完璧なティショットで残りはなんと145Y!
がしかし・・・・セカンドをひっかけてあわやOB!(何やってんだ!)
アプローチもさほど寄らず・・・結局3パットのダボ。

15番530ヤード P-5

image

豪快なうち下ろしのロングです。
バックティからでもあの真ん中の木に当たる可能性あります。

同伴者のTさんは見事ジャストミートして左に大きく跳ねました(ある意味凄い事です)
私は安全に右斜面へ。そこから久しぶりにセカンド完璧で残り80Yをパーオン。

やっとまともなパーが取れた・・・と思いきやまたしても3パット!
もう何やってんだか・・・・(泣)

16番177ヤード P-3

image

やや打ち上げの為、ヤーテージより距離があります。
左右にはバンカー。あまり左に行くとOBがあるのでやはり右目狙い。

しかしバンカーへ。
ピンまで距離があるバンカーに捕まり・・・結局ダボ。

17番391ヤード P-4

image

このホールはバックティとレギュラーティが左右別々の場所にありまして、若干歩かねばなりません。

それにしても・・・・今日の様なゴルフをしていると・・・・不思議ですね。
やはりしっかりとあの目の前に見える木のどれかに当たります。
コーン!と見事当たって後ろに跳ねて・・・200Y以上距離が残りセカンドショットはバンカーへ。

バンカーから必死のボギーです。必死のボギー!
しかし今日初めて1mが入りました。

「やっとワカッタ!」

って・・・もう次が最終ホールだっちゅーに。

18番429ヤード P-4

image

見た目より遠く見えたので、つい5番で打つとおもいっきりひっかけ!
アプローチは何とか2mに寄せたのですが・・・・はい、入りません。入るわけありません。

結局・・・解ってなかったのね(泣)

結局後半46。
前半後半あわせて・・・94はここ5年でワースト。

正月以来のゴルフでしかも練習すらしてなかったので当然と言えば当然です。

さて、コースについてですが、まだ芝も茶色がまざっており、写真では綺麗に見えないかもしれません。
しかし夏のピークには美しいコースとなります。実際5年前の夏来た時は本当に美しく印象深いコースでした。

打ち下ろしホールが多く感じるのも設計の妙ですね。
極端な打ち上げは極力なくし、インターバルの上下でアップダウンのハードさを感じさせません。
とにかく変化に富んで何度プレーしても飽きないと思います。

左右の圧迫感が多少ありますが、実はそんなにOBゾーンは浅くなく、意外と広い。

しかしそう見せないところに設計の上手さを感じますし、またバックから丁度230Y前後に必ずと言っていいほどバンカーがあります。
つまりここはバックティからのゴルフが最高に面白いですね。

今日はグリーン遅かったのですが、夏場にはきっちり高速グリーンへと変貌してると思います。
そうなると、今日の様な自分のパッティングでは手も足も出ないでしょう。

まあ、スコアはともかく・・・・富士山を目の前にゴルフが出来た事に感謝です!
叩いても・・・・不思議と悲しくありませんでした。
この時期はコースの緑は少ないですけど、素晴らしい富士山を見るには最高な時期かもしれませんね!

掲載日時:2009年2月17日