宍戸ヒルズCC

今日は茨城県の歴史ある名門コースのプレーレポートです。
今年も男子トーナメント開催のチャンピオンコース。
今回は残念ながらトーナメント使用の西コースではなく、東コースでのプレーとなりましたが、以前からこの付近では非常に評価の高いコースとして認知してましたので、非常に楽しみでした。
しかし!今日は朝からあいにくの雨。しかも相当激しい本降りです。
実は先日のゴルフもこんな雨で、プレーもスコアも最悪でした。
写真なんか撮ってる余裕あるのでしょうか?

#01 素晴らしいスタッフです

image

クラブハウスに入ると、トーナメントの雰囲気がムンムンとしてます。受付の女性の方も皆さんすばらしく美人で対応もマナーも完璧です!もうこれ以上何を望むのか?(笑)そのくらい素晴らしいスタッフです。

#02 ちょっとリッチな気分にさせてくれます

image

ハウスの入り口のすぐ脇にこの様なラウンジがあります。
結構ゴージャスです。私の様なタイプには似合わない場違いな雰囲気です(笑)
しかし、上質のお客様とのラウンドに打って付け!
プライベートでもちょっとリッチな気分にさせてくれますね。

#03 練習場です。

image

練習場です。
なんと屋根付きです!
どうやら一般の方にも開放してるのでしょうか?入り口に「宍戸ヒルズドラインビングレンジ」と書かれてました。
従いまして今日の様な雨でもカッパを着る事なく練習出来ます。
しかし!私は実践をすでに踏まえてあえてカッパを着て練習しました。(ちなみに上級者は晴れた日でもカッパ着て練習場で球を打つそうですが・・・さすがにそこまで出来ないなあ(笑))

#04 いよいよスタートです。

image

雨足はますます激しくなってます。
今年に入って6回ラウンドした内、4回雨です。しかも内3回は豪雨です。トーナメントなら中止です。
どうやら・・・僕は雨男になってしまった様です(泣)
滝の様な雨の中・・・・いよいよスタートです。
スタートはインコースからでした。

Eastコース 10番412Y P-4

image

ここ最近の数ラウンドですが、出だしはほとんどダボかトリプルでした。ボギーが取れないのです。
しかも今日は雨。当然最初からボギー狙いです。今日は死んでもボギーで最初のホールは上がる!
そんな気持ちで打ったティショットは・・・
なんとどひっかけ!
バナナフックが濡れたフェアウエー150Y地点に凄い勢いで突き刺さりました(泣)
とりあえずフェアウエーとは言え・・・200Y近く距離が残りました。
ここはもう安全に何が何でも寄せやすいところに刻むぞ!
その気持ちが良かったのでしょうか・・・なんと30Yのアプローチが30センチに!
出だしがボギーどころかパー発進です。
やっぱり・・・・ゴルフは謙虚さがないと駄目みたいです(笑)

11番173Y P-3

image

ここも手前のバンカーだけはさけたいところです。
ここも謙虚に1番手大きめのクラブで打ちました。
しかし、それでもグリーン手前のエッジ。ここは寄せたいところでしたが・・・・

寄せきれずボギー。

12番420YP-4

image

距離のあるミドルです。
ここもまたしてもバナナフック!
しかしセカンドをウッドで右のサブグリーン付近までもってきました。
そこからまたしても寄せが上手くいってパー。

うーん・・・やはりゴルフは謙虚さです(笑)

13番465Y P-4

image

このホールはバックティからだと距離があります。しかしティショットの狙い所は比較的広いと思います。
フロントからだと400Y弱ですが今度はティショットが難しいです。
非常によく出来たホールです。

ここは今度はさすがに寄せワンならず。ボギーでした。

14番496YP-5

image

激しい雨にカメラのレンズが濡れてしまいました。
このロングは距離もなくセカンド地点もやや打ち下ろしの為、なんとしてもパーを取りたいホールです。
ティショットは久しぶりにまともに当たって、セカンドもまあまあ。
そして本日初のパーオンのパーでした!
とりあえず・・・ここまでスコアは順調です。
しかし・・・実は雨で相当頭の体力も消耗してまして・・・・

撮影する事に疲れてきてました。

15番424Y P-4

image

このホールはセカンド地点での撮影です。
何故なら・・・そうです。もう頭がボーっとして来てまして、ティイングランドでの撮影をうっかり忘れてしまったのです(泣)
でもよく途中で思い出しました。
今までこんな事はなかったのですが・・・・正直相当雨に参ってました。
このホールはダラダラと打ち上げです。従って距離も見た目よりたっぷりで難易度が高いです。
僕のセカンドはバンカーへ。しかしここからなんと50センチにベタピン!

バンカーの苦手な僕にこんな事があるとは・・・こりゃ今日は運が相当良いぞ!!

16番183Y P-3

image

そして雨がますます激しくなって、このホール、あわてて撮影した為、ピントが・・・ぼけてしまいました(泣)
左に崖があってひっかけたら地獄です。同伴された方はそこに打ち込んであわや二桁打つところでした。僕は安全に右に逃げたのですが、アプローチがラフにくわれて結局ボギーです。
この時期のラフはグリーン周りでも結構難しいですね。冬の様なダフるミスはないのですが・・・・どのくらいくわれるのか・・・その見極めが難しいです。

17番545Y P-5

image

ここまで3オーバー。もしかして!?久々の30台が?!なんて・・・謙虚さを失った瞬間でした。
ドライバーは左へまたしてもバナナフック・・・!
「お客さん、打ち直して下さい」「え?OBなんですか?」「ええ。左は浅いんですよ。」「ええっ!そんな・・・(泣)」
やっぱり・・・そんなもんです人生。
しかし打ち直しもまたしてもOBゾーンへ。そして3発目にしてようやく見える場所へ。
もう失意のドン底でしたが・・・・
なんと一球目がOBゾーン手前のラフに残ってました。雨でいつもより飛ばなかったのが幸いしたのです。雨も・・・悪い事ばかりじゃないんですね。
しかしながら・・・このロングもだらだらと上って行くため・・・雨の日はいくら打っても届きません。

しかしなんとかボギーで上がる事が出来ました。

18番364Y P-4

image

このホールは手前に大きな池があります。
バックティからでも飛ばし屋はDRで打てません。
池の手前からは150Y以内ですので、そんなに難しいホールではないと思います。ただティショットをまげてしまうと一度池の前に刻んでサードショットになりますのでティショットがすべてです。
このホールティショット完璧、しかしセカンドがややショート。ワンピンに寄せるも入らずボギーでした。

結局前半は41(パット数14)
アプローチとパットに救われました。ティショットはまともな当たりは殆どなかったのですが・・・そこからセカンドを謙虚にアプローチし易い場所に運んだ事がダボを叩かなかった要因だと思います。
この雨の中では最高だったと思います。
またグリーンやフェアウエーの水掃けもよく、素晴らしく整備されてました。
さて・・・後半ですが、今日の運なら70台が狙える!

なんて・・・思った事がそもそも間違いだったと気がつきます。

1番571Y P-5

image

キャディさんにここは左に池がありますので注意してくださいと言われました。
しかし・・・池なんて相当曲がらないと入りません。まさかあんなとこに打つわけない。
なんて・・・思ってたら・・・見事にまたしてもドフック!池に向かってまっしぐらです(泣)
しかしなんとか池の手前にボールがありました。飛ばない方が良い事ってあるんです。(少し寂しい気もしますが(笑))
ここもなんとか寄せワンでパー。

これは!?狙えます70台!?

2番177Y P-3

image

このホールはやや打ち下ろし。
ここも謙虚に大きめのクラブで打って、パーオンのパー!

ついに・・・見えてきました70台?!

3番425Y P-4

image

このホールは難易度が高いです。
ティショットのボールの落ち際が見えない事もありますが、セカンドは少しでもショートしたりダフってミスすると池に入ります。従ってティショットによってはグリーンに向かって打てません。
ここに罠が潜んでました。
このホールに限ってティショットがまっすぐ。セカンドがグリーンに狙える場所にありました。
で、結局ショートしてアプローチはピン手前の為ややオーバー目に打ちました。この下りのパットを・・・やっちゃいけない狙いに行って大オーバー!
結局このホール3オン3パットのダボ!
ついに・・・ダボを打ってしましました。

夢の・・70台が少し霞んできました(泣)

4番161Y P-3

image

このショートはそんなに難易度は高くありません。
ここも大き目のクラブで打って大正解。右にミスショットでしたがバンカーを越えて右のラフ。
ピンも近く・・・なんとか寄せたい場面です。
しかし1mにしか寄らず・・・入らずボギー。
とうとう・・・70台の夢は費えました。

後半は1m~2mのパットがことごとくカップに蹴られました。前半はやはり運が良かったのでしょう。

5番322Y P-4

image

このホールは面白いです。
距離はないのですが・・・左ドッグしてまして見えない左側はすぐOBです。ショートカット気味に狙えばアプローチでチョン!の為、バーディも狙えますが、万が一ミスしたら・・・ジ・エンドです。
頭の良い私は?そんなギャンブルはしません(笑)ところが左に逃げすぎてセカンドが異常に残りました(やはり頭悪いです(泣))
しかも打ち上げの為、距離感が難しい。

このホール結局パーオン出来ずにボギーでした。

6番441Y P-4

image

このホールは長いです。
だらだら打ち上げの為、実質バックティからですと460Yクラスのミドルです。
しかし、このホール何故か今日一番の当たりで残りがアイアンで狙えました。
右側に安全に運んで、アプローチも楽チンかと思いきや・・・やはり肝心のパッティングが良くありません。

結局ボギーです。

7番500Y P-5

image

このホールはバックティからだとティショットはそんなにプレシャーはないと思います。左が相当広いです。しかしフロントからだと左は飛びすぎてOBが怖いので右の木すれすれに打ちたいところです。
僕はティショット右すれすれ狙って何故か左フェアウエー(笑)
しかし絶好のポジション。セカンドもまあまあで残りが20Yでした。
このホール・・・あわよくばバーディ?!
ところが!!
アプローチの素振りしてたら・・・・「カツ!」
フェースの先がボールに当たってしまってボールが動いてしまいました(泣)
当然1打付加して元の位置に戻して打たなくてはなりません。

結果このアプローチをしっかり寄せたもののボギー・・・・
ほんとにこの雨で頭の中がおかしくなってたのでしょうか・・・・。相当ショックでした(泣)

8番405Y P-4

image ここまで後半6オーバー。本当は4オーバーの筈が・・・なんてバカな事したんだろう・・・と意気消沈した状態で打ったティショットは右の林に。
林から出すだけ。しかしここから乗せて・・・なんとかボギーで上がるべきところでしたがまたしても短いパットを外して3パットのダボ。

後半も悪くても45以下で回れると思ってた僕としては・・・・最悪の状況です。

9番414Y P-4

image

ティショットは右に池があるのですが左も駄目。バンカーのやや右が狙いです。
結局最後まで降り止む事のなかった雨。
しかしこのホールで最後です。
そして渾身のショットはフェアウエーど真ん中!
しかし・・・飛んでません。雨憎し!
セカンドも打ち上げの為、番手も大きめで打ったのですがややショート。そして寄せたのですが・・・結局最後も入らずボギー。
後半45。

結局可もなく不可もなく・・・・私の一日は終わりました。

それでは、コースについてあらてめて述べます。

この地域では非常に評価の高いコースですが、確かに素晴らしいコースです。
全体の敷地面積が大きい為、ゆったりとしてるのですが、ティショットの落とし所は限られており、距離もたっぷりある為、難しいコースだと思います。

ツーグリーンの為、セカンドショットはわりと楽です。ただし距離が残るのでいかにハザードを避けて寄せやすい場所に打つかがキーポイントだと思います。
丘陵コースだと中々良いコースと評価されるのは難しいのですが、久しぶりに良い丘陵コースとめぐり合えました。

出来れば次回はトーナメント開催コースの西コースをラウンドしてみたいです。
立地は都心部からやや遠いのですが、友部インターからわずか数分でゴルフ場に行けるのはグッドです!
従業員教育も最高レベルだと思います。出来れば・・・晴れた日にまたプレーしてみたいですね(笑)

掲載日時:2003年8月30日