ゴルフ会員権|TOPページみんなの広場プレーレポート本厚木カンツリークラブ


みんなの広場

プレーレポート

本厚木カンツリークラブ

今日は神奈川県の本厚木CCでプレーしました。
本厚木CCは数年前ラウンドした事があります。
その当時は神奈川県に住んでおり、こんな近くにこんなにフラットで雄大なコースが存在するのか!って感動した記憶があります。
コースガイドでは丘陵コースと記載してますけど、林間コースだと思います。
ただ全ホールフラットではなく、適度なアンジュレーションがあり、それがむしろ面白さに結びついてると思います。やはり名匠赤星四郎氏の設計は味わい深いですね。
さて、個人的にはゴルフに限界を感じ、ついにレッスンを受けて初めてのプレー。
果たして・・・その成果とコースガイドをあわせてお伝えしたいと思います。

image

#01 クラブハウスの外観です。
imge さて、今日は小春日和。ラウンド条件としては年に数回あるかないかの最高の日です。
実にシックで高級感のあるクラブハウスですね。
プライベートだけでなく、接待にも十分対応できるその姿はやはり名門コースだと思います。
 
#02 クラブハウスの中です。
imgeクラブハウスの中です。
18Hのコースとは思えないゆとりのあるハウスですね。これから数年経つともっと風格が出てくると思います。
派手な豪華さもなく、私個人としてはとても好きな設計デザインで、素晴らしいと思います。
 
#03 練習場です。
imgeさて、練習場ですが豪快なうち下ろしで、ドライバーも使用でき、とても良いですね。
まれに打ち上げの練習場がありますが、やはり打ち下ろしの方が練習してても気分が良く、上手くなった気分がします。その日一日ナイスショットが出るかも?なんて思わず思ってしまいます(実際は違うかも?(笑))
アプローチ練習場もINコースの脇にあり、アプ練だけをする為、来場するメンバーさんもいます。ただしその場合は700円必要です。本日も熱心なメンバーさんがマイボール沢山かかえて練習に励んでました。

▲ ページトップへ

1番380Y P-4

image

本日はT-グリーン。ヤーテージが6552Yとやや短くなる方でのラウンドです。
それにしてもなんて広いフェアウエー!写真では伝わり難いと思いますがとにかく広い!神奈川県のこの近辺では信じられない雄大さです。朝一のティショットはやはり緊張します。
しかしこれほど伸び伸び打てるホールだと、随分楽ですね。
本日1番のショットがこのスタートホールでした(笑)
残り120Y。しかし擦り球でややショート。結果寄せワンのパー。

▲ ページトップへ

2番329Y P-4

imageしかし次は狭いミドルです。距離はありませんが右に実は池があり飛ばし屋でスライサーは入ります。私は関係ないのでDRでティショット。
いつもこのくらいの狭いフェアウエーのコースに行ってますのでなぜかほっとしました(笑)
ティショット、セカンドほぼ完璧のパー。
いやーこりゃ好調です!今日はまさかの70台?

▲ ページトップへ

3番399Y P-4

image

手前の池はまったく気になりません。このホールはひっかけ怖がって右ラフ。
そこから上手くスライスかけグリーン手前。しかし結局寄せワンならずボギー。

4番184Y P-3

image

本日は左グリーンでした。
2グリーンの場合、いざと言う時グリーンとグリーンの間を狙っていけば何とかなります。しかしここはご覧の通り、間にバンカーがしっかりと効いてます。
したがってグリーンを狙うしかない私のティショットはひっかかって左手前のラフ。しかし寄せてパー。
おっ?これはもしや・・この流れはまさかの70台?

5番397Y P-4

image

このホールもフェアウエーが広いです。こりゃ目を瞑ってもフェアウエーだよ~~!
なんて事思ってたら大きな罠が・・・・!?
ティショットはどスライス。本日で一番最悪のショットでした。そして林の中で無理に前に進もうとしたらキンコンカン!!!
尊敬する中部銀次郎さん・・・・ごめんなさい(泣)
結局このホールトリプル!
悪夢だ・・・・。でもやはりこれがゴルフです。林間コースではこの誘惑にいかに勝つかが大切ですね。あらためて解った次第です。
これで・・・70台が・・・・夢の70台がああぁ・・・・(まだ5番だけど諦めが早い)

 

6番490Y P-5

image

距離の短いロングホールです。セカンド地点もフェアウエーが広く、ティショット次第ではバーディも十分狙えます。
ここでバーディが来れば70台の可能性が復活です!
ティショットは怒りの完璧なドロー。しかしセカンドもほぼ完璧で残り100Y以内も・・・・ややグリーンオーバー。

image

結局アプローチをこの距離に寄せてパーを取るのがやっとでした・・・・・。
しかし、まあここはパーでよしとすべき!実は・・・ここから怒涛の巻き返しがはじまります!?

7番147Y P-3

image

距離は有りません。しかし池と複雑なラインのグリーンが難易度を高めてます。
ここもグリーンとグリーンの間にバンカーがあります。手前には池。こうなってくると2グリーンの易しさもほとんど感じません。
ここはちょっとダフったのですが、ピンが奥に切ってあったおかげで大きめのクラブを持って正解。手前にオン。
そしてロングパットを寄せてパー。
おおっ!波が・・・波が来てる!?

8番409Y P-4

image

距離はありますが、フラットでグリーンが先に見えて広々してます。
ここでも完璧なショット、そしてセカンドもオンしてなんなくパー。
しかし・・・ちょっとでも曲げると・・・・

image

こんな風になります・・・・(同伴者のTさんすみません(汗))
これが丘陵コースと違って林間コースの面白いところでもあり、難しいところですね。

9番511Y P-5

image

ここは本厚木CCの名物ホールです。
一見何の変哲もない普通のロングホールですが・・・・ティングランドを少し歩くと・・・・

image

なんと!右下に隠しバンカーが!
そうです・・・。このホールはバックティからだと右に曲がると見えないバンカーに入る仕掛けになってます。
何故こういった設計にしたのかその意図は解りません。ただ見えないハザードの難しさを演出したかったのでしょうか・・・・。
このホールもパーオンのパーでした。
これで午前中は結局4オーバーの40です。トリプルがあった中でこのスコアは上出来だと思います。
さて、後半70台を出すには39が必要です。果たして夢の70台は・・・?!

10番356Y P-4

image

後半の出だしホール。実は難易度が高いホールが待ち構えてます。
ここ本厚木CCでは一番起伏があり、ある意味トリッキーなホールと言えるでしょう。
ティショットは左に危うくOBを免れ、残り100Y以内です。
しかし左足下がりの複雑な距離が残りグリーンには乗ったものの10m以上のパッティングが残りました。
なんとか2パットで納めてパー。午後の後半も出だし好調です!

11番147Y P-3

image

距離はありませんが、ピン位置によっては難易度が高いショートです。
しかしグリーンとグリーンの間にもハザードがないので最低でもパーを取りたいショートです。
ここでほぼ完璧なショットが!

image

なんと!ワンピンベタピンバーディチャンスです!今日はアイアンが本当に調子良かった。
しかし・・・・結局ペローンとカップをなめパー。

12番379Y P-4

image

このホールは以前確か隣が住宅地の為、ウッド禁止ホールだった記憶があります。
しかし現在はDRでブンブン振り回してもOK!しかし・・・左が即OBです。
そして左ドッグレッグがきついのでどうしても左ギリギリを狙いたくなります。
同伴者のKさん、罠にひっかかって左OB方向へ・・!しかギリギリOBセーフでした。
私はこのホールもフェアウエーど真ん中。しかしセカンドの距離感を間違えて手前バンカーに・・・
結局寄せきれずボギーでした・・・・。

13番370Y P-4

image

このホールは距離はありませんが、フェアウエーの狙いが狭いホールです。
スライサー向きにも見えますが、曲らず真っ直ぐ行ってしまうと、林に入りそうな圧迫感があります。
すなわちこういったホールでもフェアウエーセンター狙いでしょう。このホールも私のティショットはフェアウエー真ん中。
セカンドはグリーンエッジ。そこからパターで寄せてパー。後半1オーバーを維持。

14番434Y P-4

image

さて、今度は打って変わって左ドッグレッグの距離のあるミドルホールです。フェードとドローを打ち分ける技術が必要なのか・・・?
それじゃまるでマスターズ?などと雑談を交わしながら打ったボール・・・
これまたフェアウエー真ん中!後半もティショットが好調!しかし・・・・セカンドがややミスして寄せきれず結局ボギー。
どうしよう・・・・あと1個しかボギーが打てない(汗)

15番177Y P-3

image

70台を出すには、実はショートホールが鍵となります。
ミドルやロングは1つや2つのミスはショートゲームで取り戻せますがショートホールの場合、一度のミスが簡単にボギーとなります。
またパーオンしても簡単に3パットしてしまうのもショートホールの罠。果たして・・・運命の1打は・・・?!

image

バキーーーーッ!!
『おおおおっっ!!!』
か・・・・完璧!!!
近年まれに見る、ゴルフ史上始まって以来の完璧なショット!(大げさやなぁ~)
久しぶりに『芯』の感触を得ました。アイアンの芯って・・・こんな打感だったのか・・・。
レッスンの成果です。そして練習の成果。
うれしさのあまり・・・・肝心のバーディパットはカップをかすりもしませんでした(泣)

16番534Y P-5

image

ここは広々としたロングホール。確実にパーで終えたいホールです。左に見えるノッポな木からやや右目がベストポジション。
私のティショットはここでパーフェクト!

image

ご覧下さい・・・。この広々としたセカンド地点。こりゃもう楽チンでフェアウエーウッドで残り100Y以内で楽チンでバーディ?!
などと思ってフェアウエーウッドで打ったら・・・・!

大曲ドフック!!(泣)林の中へまっしぐら!

しかも・・・・あわやOBでした(汗)

image

ボールの地点です。上は無理で下を通すしかありません。
しかしグリーンに乗せるにはこの巨大バンカーをかけあげるしかありません。
8番アイアンでおもいっきり低いボールで打ったのですが・・・・結局バンカーへ・・・。
このバンカーからピンまでは距離があり、グリーンに乗せるのが精一杯でした。結果ボギー。
ついに後半3オーバー。もうあと1つでもボギーを叩くと夢の70台が消えて行きます(汗)
果たして・・・運命やいかに!!??

17番385Y P-4

image

やや右ドッグレッグの比較的ファウエーの広いホールです。しかし左に行き過ぎると林の中。
ここはティショットやや左目でしたがフェアウエー。グリーン脇から寄せてパー。
やった!後1ホール!これをパーであがれば!!??

18番524Y P-5

image

image

最後もティショットは完璧でした。
結局フェアウエーを外したのは後半最初の1ホールだけ。
ティショットはほとんど完璧でした。
セカンド地点はご覧の通り、雄大で右のバンカーにだけ気をつければOK。
ちなみにティショットを曲げたIさん。
こんなところからなんとツーオンです!

image

このホール。セカンドも完璧、。そして残り30Yをこの地点まで運びました。
気持ちに余裕があったので寄せきれたのでしょう。そしてこれを外しても70台と思って打ったボールはカップに吸い込まれました。
おまけのバーディフィニッシュ!
結果 OUT 40 IN 38 のトータル78。
久しぶりの70台です!レッスンの成果でしょうか・・・本当にうれしかったです。

さて個人的スコアについてはここまでにして・・・・。

コースについて感じたことを申します。

コースガイドでは比較的フラットな丘陵コースと記載されてますが、私は完璧な林間コースだと思います。

雄大かつ、いくつか繊細なホールもあり一日気持ちよくラウンドできます。

グリーンコンディションも完璧です。

以前は歩きのラウンドだったのですが、現在は乗用カートでのラウンドです。しかし殆ど乗る必要がありません。恐らく高齢者の為に導入したと思います。

株主会員制ですが、雰囲気としては重たいいかにも名門といった厳粛な感じではありません。しかしメンバーのグレードも高く、実に落ち着いた雰囲気が非常に素晴らしいと感じました。

今日は季節的にもほぼ満員だったそうですが、やはり18Hのゴルフ場だと混雑した感じはクラブハウスからもまったく感じ取れませんでした。これがやはり18Hの良いところだと思います。

フラットで雄大なコースは千葉や埼玉、茨城に行けば多くあります。しかし神奈川は地形的になかなかここまで雄大なコースは少ないので、立地条件を考えると非常に価値があると思います。

書換料もこのクラスでは格安の100万円。

年会費も21000円と格安で、それでいて黒字を毎年計上しています。

恐らく土地に借地がほとんどない事や、元々大手電気関係の会社が造った経緯もあり、経営体制がしっかりしてるからでしょうか・・・・。とにかく高い書換料、高い年会費でなくても充分経営は出来るわけですね。

とにかくすべてにおいて、高レベルなゴルフ場だと思います。



今日は距離の短い方のグリーンでしたが、次回はメイングリーンでプレーして、もう一度70台を出したいと思います!
 

ゴルフ会員権の明治ゴルフ TOPページゴルフ会員権相場検索マイコース登録みんなの広場プレーレポート営業マンブログ掲示板会員権講座お問合わせ
個人情報の取り扱いサイトマップ会社案内