青梅GC

自宅から一般道を通って40分足らず。。。やはり都内のコースは近くていいです。
ここのところ調子が悪かったので、いつもより練習して少し回復基調ですが・・・果たしてどうなるのか・・・
非常に不安な中でのラウンドとなりました。

#01 フロントです。

image

7時に到着しましたがフロントは7時20分からとの事です。さすが・・・連休中で他のコースであればもう7時からでもスタートさせて大混雑しているはずですが、メンバー中心の株主会員制のコースではそんな雰囲気はありません。
時過ぎても駐車場ががら~んとしてるには驚きました。さすが都内のコースです。

#02 練習場です。

image

施設はすばらしく、別の場所にはアプローチとバンカー練習場があります。
メンバーさんはコースに出ないで一日練習だけして帰る方もいると聞きます。
東京でこういった環境のコースがあるのはまれです。。

中-1番492Y P-5

image

さて、みんなが見守る中、緊張のティショットです。すごいうち下ろしですが、距離はなさそうなのでとにかくフェアウエーキープしたいところです。

しかしおもいっきし引っ掛けて林に・・しかもカート道に跳ねて結局隣のホールへ・・・(泣)本来競技会なら打てるそうですが今日は一般ラウンドの為ワンペナ。いきなりトラブルですが、まー正直最近の調子なら覚悟してました。3打目は距離的には狙えますので本当は乗っけたい気持ちがありました。しかしこれ以上傷を深めてはいけないと思い、ミスしても手前。。。そんな意識で打って、案の定手前の花道。
まー出だしだしボギーでも良いと思ってましたが、アプローチが1mに寄りました。これが入ってパー。
うーん。。なんだか申しわけないパーでした(笑)

中-2番443YP-4

ここから4番ホールまで写真を撮ることをすっかり忘れてました。
2番はティショット右側に完璧なあたり。飛んでました。しかしグリーンが左ですぐ左はOB。。距離は150Yの上り。ここは無理せずグリーンの右側狙い。ところが右に逃げすぎてサブグリーンへ。
ハンデ4のIさんはほぼ同じ位置からでもグリーン狙ってました。ここいらがアイアンに自信を持ってる方とそうでない僕との差ですが、今の自分に出来る事はこの作戦しかありません。しかしもっと練習してなんとか狙えるレベルになりたいですね。
で、結局そこからの寄せがまた1mに寄って入れてパー。ラフにかかっててスピンがかからないのでおそらく直接グリーンに乗ったらオーバーすると思い、柔らかくエッジギリギリに落としました。冬場であればどーしようもない状況ですが夏場で助かったって感じです。ただラフから柔らかく打つにもリスクはあります。後にそれがミスとなってしまったケースがありますが、思った以上に食われると最悪です。そのへんの状況判断がまだ夏ラフに出くわしたばかりで上手くできてません。今回はたまたま上手くいった。。。という事でしょう。

中-3番183Y P-3

今回はピンがグリーン左端ギリギリに切ってました。もし少しでもフックしてしまうと左バンカーに入ります。
当然僕は右いっぱいを狙って仮にフックしてもグリーンセンター。。。そんな作戦です。まーそういった意識で打つ時に限ってボールは狙ったところにまっすぐ行きます。しかし後でそれでも右で良かったと思いました。よく整備されたグリーンは左バンカーから上手く打っても止まりません。間違っても右バンカーの方がパーの確率が高い状況だったのです。
僕のティショットは右側にいったん乗ったのですが、こぼれてややラフ。そこからまた2m以内に寄せてパー。今のところ謙虚なゴルフがプラスに働いてます。

中-4番449Y P-4

ここでトラブルです。左はOBと聞いて右狙ったのですが、おもいっきり左に一直線・・・。暫定球を打つもこれがもっとひっかかってOB方面。さらに暫定球もフック。。。これは見える位置にあってセーフ。
とにかく急にひっかけ病が出て汗くりました。正直今日はこれで終わったなーって思ったら。。なんと1球目がOBゾーンの先の広い場所のラフに止まってました。超ラッキーです。
これは実は飛距離アップしてたおかげです。今までの飛距離ならその手前の谷に入ってました。
2打目は目の前に木がじゃまでしかもラフ。。ここで無理してせっかくのラッキーをつぶしてはいけないと思って確実に刻みました。残りは60Y。
しかし、ラフでグリーンも硬そう。。。。止めるにはスピンは無理なので柔らかく軽スピン打ちを選択。打ち方はフルショットのスイングでスイングスピードを落とします。ただ少しスピンを利かせたいのでややカット目。
これが上手くいってピタっと止まって2mに寄りました。これを入れてパー。
上手くいく日は何をやっても上手く行く。。。そんな典型です。

中-5番488Y P-5

image

ここでまたティショット引っ掛けです。でも左のラフに助かってました。セカンドもアイアンでレイアップ。本当はティショット飛んでなかったので距離がほしいところですが、ライを見てこのラフでは無理と判断。
結局ここも寄せワンのパー。5ホール連続寄せワン。。。まー今日のショット内容では最高の結果です。

中-6番318Y P-4

image

さて、このホールは距離も短いし、罠もなさそうです。が果たして?
ティショットは右バンカー方面よりやや先の方で残りが60Y位でしたがラフ。
しかし超打ち上げでピンの頭がかろうじて見える位です。上手く打ったつもりでしたがややショートでした。
ライも良く、ピンまで上りのまっすぐなアプローチの距離15Y。。。これが罠でした。寄って当たり前。しかしいろんな打ち方が頭をよぎりました。普通の転がし?しかしグリーンがしまってて早いのでスピンも多少利かせたい。ここで約10種類のアプローチが頭をよぎります(アホです(笑))。
結局フックスピンを選択したのですが、一瞬オーバーが頭によぎってフェースを本来であればインパクトで閉じるつもりがそのまま打ってしまいました。
結局スピンが利きすぎて途中で止まってしまって大ショート。。。同伴者の方からフェース開いてたよ、スピンはあの場面ではダメでしょ?って言われました。自分ではそのつもりはまったくなかったのですが・・・一瞬の躊躇がこういった結果になりました。
結局一番パーの取り易い状況からボギー。

中-7番173Y P-3

image

へんな当たりでトップして左側のエッジ。
とにかく手前に見えるバンカーだけは避けたかったのです。
そこからはパターで寄せてパー。 うーん。。。なんだかラッキー。

中-8番379Y P-4

このホールもティショット左がやばい右安全と聞き、右狙ったのですがまっすぐ左へ。しかしストレートボールでフェアウエーへ。しかもこのあたりが僕としては異常に飛んでました。何故か良くわかりませんけど。。。
残り80Y。風が結構アゲてましたのでPS。なんと今日初めてのパーオンでしかも3mのバーディチャンス。
しかしピン横で結構フックラインがきつい。。。これはちょっと難しい。案の定入らずパー。

中-9番359Y P-4

さーーーて。。。ここまで1オーバー。ショットの内容からしたら上出来です。
ところが・・・この短いパー4でとんでもない罠にはまりました。
右ドッグでしかもセカンドからは超打ち上げでグリーンが見えません。左はOB方面と聞いてひっかけ病の僕は当然右方面狙ったのですが・・・こういう時に限ってまっすぐ右へ(笑)
斜面から落ちてくると思ったのですが落ちてきません。このホールは左側に打たないとグリーンが狙えません。しかし左からフックするとトラブルです。したがって本当は刻んでも良いホールだと思います。
結局右斜面からは出すだけ。。。それでも残り打ち上げで70Yです。まーとにかく乗っけてボギーで充分と思って打ったのですが・・・打ち上げのため顔が早く上がってしまって大トップ!
そうです。SWのトップは最悪です。倍飛びます。したがってグリーン奥のとんでもない斜面に止まってまして・・・超左足下がりのラフ。そうです。林由郎打ち。しかしグリーンは奥から下ってますので止まりません。
結局5打目最後の寄せもグリーンオーバー。残り2mのパットは今度は入りませんでした。
なんとトリプルちゃんです。楽チンで30台と思いきや・・・結局終わってみれば40。

東1番428Y P-4

image

さて気を取り直して午後スタート。
これもまたすごいうち下ろしのホールです。中央から左傾斜がきつく、また真ん中に木がある為、狙いはFW左側ですが・・・そこからフックするとOBの可能性があります。
したがって僕は右狙い。FWをキープしたもののつま先上がりでしかもセカンドが左グリーンでしかも左ひっかけはOBと言った状況です。
安全に短いクラブ&グリーン右側狙い・・のつもりが思いっきり引っ掛けました。しかし短いクラブを選択してましたので左手前のラフで止まってセーフ。
これがあるからまだ自分を信用出来ません。
で、ここからの寄せは完璧にミス。20Yでしたが思った以上にラフがきつく、フェースを開いて柔らかく打ったらくわれました。もし開いたのであればここは思い切ってもっと振り切るべきでした。大ショートでボギー。

東-2番519Y P-5

image

ここで今日1番のティショットが出ました。
ここはティグランドの位置によって難易度が変わります。今日は右側だしたので写真にある通り、右の木の上、もしくは脇ギリギリを打っていかないと左側のバンカーにつかまります。
僕は木横から軽いフェードが出て(たまたま)左バンカーの先まで行きました。
残りが打ち上げ220Y。グリーン狙うつもりはなかったのですが、まー勝手にフックかかるだろうと思って4Wでサブグリーンとの間を狙ったら思った以上にフックがかかってピン方向へ。。。距離が届けば?でしたが・・・ショートしてバンカーの淵。
これがまたわけわかんないライで口で説明するのも難しい状況でしたが寄せて結局バーディ!
ほんまについてます。

東-3番364Y P-4

このホールは距離がありません。左斜面狙っておけばフェアウエーに出てきますし楽チンのホールのはずですが・・・僕はこすって真ん中へ。セカンドはグリーンエッジに。そこからパターで寄せてパー。

東-4番582Y P-5

image

青梅では一番距離のあるロングです。
ティショットは左バンカーへ。そこからセカンドは右は安全と聞いたので右狙って4Wで打ちましたが、ちょっとダフって残り160Y。
ピンは右ギリギリにきってあり、しかもバンカー越えなのでグリーン真ん中狙い。これが上手くいったのですが・・ややオーバー。
ここからしっかり寄せてパー。

東-5番418Y P-4

image

ここも左引っ掛けは厳禁と聞き、右狙い。ところが実はもうへんなひっかけが出なくなってました。そのまま右に行き過ぎて木に当たって残り200Y。しかもつま先上がりのラフ。
ここは仕方なく4Iで刻んで、残り30Yのフェアウエー。
実は僕としては今日一番のアプでした。硬いグリーンでしたが上手くスピンがかかってピタっとピン横1.5m。
しかし・・・これがペローンで入らずボギー。実はここからショットはそんなに悪くないのに流れが悪い方悪い方に傾きます。

東-6番17Y P-3

image

ここは谷越えのショートです。

最近ダフリ病の僕はピン手前ギリギリの番手なんかで打てません。しかも風はややアゲ気味。

はい、当然5Iでグリーンとグリーンの間狙いです。ところがそのまままっすぐ・・まーこれは想定の範囲内ですが大オーバーでした。

行ってみてさらに状況の悪さに愕然。深いラフ。グリーンは2段グリーンでしかも奥からなのでどうやっても寄せられない。。。それでも上手くアプローチした方ですが結局4m位のパーパットが残ってボギー。

東-7番352Y P-4

image

このホールも距離はないです。

しかし左右にバンカーがあり、よく考えれば刻む方法もあったのですが・・・左バンカーには届かないだろうと思って打ったら入りました。ところがこのバンカーを楽々越える変態が同伴者にいまして・・・笑うしかなかったのですが(笑)僕は最悪の状況でした。

中途半端な(70Y)バンカー。しかもグリーン手前にもバンカー。SWでフルはもしトップしたらさよなら~だし。。PSか?んー今思えばPSで打てばよかったと思いますが、その時はPWで80%ショットで行こうと。。。しかしこれがモロ裏目。ちょっとかんでしまって最悪の手前バンカー。で、出しただけでまだグリーンエッジ。ここからパターで打つもショート。これがまたペロンで結局素だぼ!

バンカーに2回つかまったらダメですねこりゃ。

東-8番186Y P-3

image

ここは4Iを選択。当然またグリーンとグリーンの間狙いです。上手くドローがかかってくれれば御の字。

しかし無常にも狙ったところ真っ直ぐ。だったらピン狙えば?といつも思いますけど。。これが狙ったら曲がる。ゴルフって本当に心理的要素が含まれます。

同伴者のローハンデIさんは 軽くドローがかかってベタピン!結局バーディでしたが・・・やっぱりこのあたりが差ですね。

でもまー寄せるには問題ありません。案の定いやらしい距離(1.5m)残りましたが・・・またしてもペロンというかカップ一回転!どうも中尺は一回転して入りません。その分他で入ってますけど。。。。まだ打ち方が悪いのでしょう。

東-9番349Y P-4

ここは打ち上げで左ドッグホール。なのになんで右真っ直ぐ行くの??
セカンドは最悪の手前バンカー。でも上手い方なら楽チンで寄せれる状況ですけど、僕は下地面に弾かれて(リンクスだからか?)おもいっきりトップしてオーバー。奥からの寄せもグリーンに乗らず(というか普通のアプで乗せてもグリーンオーバー。なのでロブやろうとしたら失敗!まだ夏ラフになれてません)。。。そこから5打目は寄せてダボ。
スコアだけ考えればセカンドはバンカーさけて刻む方法もあったのですけど、正直70台とか目標が消えてましたのでこの際バンカーでもいいや!練習したい!って気持ちでした。
やっぱりバンカーはちっとも上手くなってません。結局イメージがわかない。どんな球を打ちたいのか・・想像すらつかないのがダメだと思います。アプではいろんな想像が沸くのに。。。。
とにかくショットについては60点位のレベルまでなりましたので、後はアプとパットにますます磨きをかけてショットが良くなる日を待ちます。
今日はパット数が26。しかしスコアは83点ですからけして喜べません。
小さいグリーンだと僕のゴルフではこうなります。もちろんヤーテージによってですが、バックティとはいえ今日位のヤーテージならもっとパーオンしなければダメですね。
DRの飛距離は今日位であれば充分だと思います。ただコントロールできません。僕がコントロール出来るのは220Yまで。こっから先はボールに聞いてくれーーーです。飛ぶのはそりゃうれしいですけど曲がったのでは意味ありません。ここからの課題は相当大変だと思いますがこれをいかにして克服するか?・・・ですね。

それでは、コースについてあらてめて述べます。

東京コースとしては充分過ぎる良いコースだと思います。

トリッキーなホールも少なく、距離が短いホールには工夫がしており、飽きずに楽しめると思います。

整備は抜群です。ティポットもほとんどなく、グリーンの仕上がりは最上級でした。

ただ傾斜が少ないので難しいグリーンではありません。グリーンも大きくないので外した場合のアプローチがスコアメイクの鍵です。

料理もおいしいですね。 練習場施設も良く、これといった欠点が見当たりません。

立地条件を考えればもっと周りが評価しても良いのでは?と思います。

掲載日時:2005年11月18日

首都圏の一流名門のゴルフ会員権 価格に自信あり!お得な売り物件
首都圏の一流名門のゴルフ会員権
価格に自信あり!
この機会に是非!