ゴルフ会員権の営業マンブログは我々が交代で書いてます

日夜お客様サービスの精神で仕事に情熱を傾ける営業マンが様々な視点から情報をお伝えするブログです
ゴルフ会員権の明治ゴルフTOP
営業マンブログ|相談・売買などゴルフ会員権のことならお気軽にお問い合わせ下さい

メンバーシップと言う資産価値

| ブログ |

日経平均が15年ぶりに2万円の大台を突破しました。

 

それよりも驚いた事は・・・時価総額が591兆円!とバブル期を超えた事です。

バブル全盛期はゴルフ会員権も今思えば尋常ではない上昇カーブを描いてました・・・当時私もゴルフブームに乗っかりゴルフを覚えて、一回のプレー代が5万円・・・それでもそれが当然に思っていましたし、ゴルフだけではなく、飲み屋街に行っても何をするにしても当時はバブル感に溢れていた・・・そんな記憶があります。

 

株式市場だけを見れば、その当時と同じかそれ以上のマネーが動いている・・・にも拘らず、ゴルフ会員権は大きな動きはありません。

 

シーズン的な事もあり、一時期より動きが良くなって来ていますけど大きな変化を感じる事は有りませんし、少なくとも株式市場で言う時価総額、ゴルフ会員権の時価総額は依然としてバブル期の何十分の1です。

 

理由としてはまず「投資」対象ではなくなった事、もちろん「投機」の対象にすら・・なりえない事。

そしてプレー本位で考えた場合、プレー単価が下落しているとメンバーでプレーする事が資金的な事だけで考えた場合、大きなメリットを感じられない事。

 

等でしょうか・・・。

 

しかし

 

例えば、当時より地価が下落したとはいえ・・・

都内、或いは関東で比較的立地の良い場所のゴルフ場で、用地と造成とハウス・・・今造るとしたら幾ら掛かるか?

最低でも50億程度は必要になるでしょう。造りを良くするのであれば100億近く掛かるかもしれません。

 

1000人のメンバー構成をするのであれば一人最低500万円~1000万円は必要・・・である中で

ゴルフ会員権はそれ以下のコースが殆どです。

 

恐らく・・・上昇する事がもしあれば、そうした資産価値としての見直しが始まった・・と言う事になると思いますが、本当に大切な資産価値は

 

実は「メンバーシップ」にある事を意外に忘れがちだと思います。

 

数値化する事が出来ない、理論的に説明する事が出来ない「メンバーシップと言う資産価値」がゴルフ場には有るわけです。

 

しかしその一番大切なメンバーシップである事の価値を、ゴルフ場によっては間違った考え方で自ら下げている・・・そんな気がしてなりません。

 

「メンバーよりビジター優先」

 

これは論外で、こうしたゴルフ会員権が今現在マーケットで殆ど相場がついていないのは至極当然だと思います。

 

そうではなく、所謂名門コース或いは、それに匹敵するコースでメンバーシップの価値を上げようとして逆に下げている・・

 

厳格な審査はそれはそれで良いと思いますが

それがむしろ「閉鎖的」なゴルフ場として自らの資産価値を下げている・・・そんな気がします。

 

それでなくても、今は若い方がゴルフをしなくなりました。もちろん全くいないわけではありませんが・・・バブル期当時の様な「社会人になったら、まずはゴルフ」的な雰囲気は有りません。

 

そして日本の人口が減少してます・・当然それに伴いゴルフ人口も減少する可能性が高いわけです。

 

「もっと新しい血をクラブに入れよう」

と言う雰囲気のあるゴルフ場とそうでないゴルフ場

 

古参のメンバーからすれば

とにかく後、数年しかないゴルフ人生を・・・当たり障りなく終えたい

 

これが本音だと思います。

 

だから

 

「新しいメンバーは入って来なくて良い、今の雰囲気を壊したくない」

 

と言う・・・まあ・・・入りたいのであればどうぞ的な雰囲気で、倶楽部の質がどうこうで審査を厳しくし、普通の方でも入会出来ない・・・

 

少なくとも「ウェルカム」ではない。

 

どんどん若い人に入ってもらって、スリーピングメンバーを減らし

活気ある倶楽部に変革して行きたいのであれば面接でも「当倶楽部を選んで頂いて感謝します」と言う一言があって当然なはずです。

 

それは名門だからどうとか・・・・関係ないと思います。

 

確かに誰でも入会させるわけにはいかないにしても

世のゴルファーで、そんなに人様に対して迷惑を掛ける方がいる可能性がどれほどあるのでしょうか?

 

「今の若いゴルファーは」とか

 

資金のある産業の変革(製造業からIT関連)からゴルファーの質が変わったから合わないとか

 

むしろ古参でベテランであるメンバーさんが、正しいゴルファーの姿やマナーを伝えていく必要があると思います。

 

 

審査で同伴プレーしてマナーが良くなかったので、落とそう・・・ではなく

 

この方にマナーを教えて良きゴルファーに当倶楽部でさせよう。そして本当の倶楽部ライフの楽しさを教えてあげよう!と言うその姿勢こそが「メンバーシップの資産価値」ではないでしょうか?

 

一人一人、性格も違い、商売も違い、何もかもが違う中

 

共通の趣味が「ゴルフ」である事の価値。

 

 

たかがゴルフ・・・・しかしされどゴルフで

 

メンバーになって様々な人と出会い、そこで新しい自分を見出し、健康だけはなくお金に換える事が出来ない価値を得る・・・

 

そうした価値を、名門コースであればあるほどこれからのゴルファーに伝えて行く義務とは言いませんが、必要があると私は思います。

 

そしてもし、既存のゴルフ場全体がそうした雰囲気の元、新しい血を全力で受け入れる体制を作るのであれば、間違いなくゴルフ場そのものに利益をもたらし、相場についても自然と今よりは良くなっていく・・・そんな風に思います。

 

BY SS

 

カレンダー

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー

RSS


営業マンブログをお読みいたきありがとうございます。今後も多くのGolfファンの方やゴルフ会員権に興味のある方々へ有益で時にユーモアある情報をお伝えしていきますのでよろしくお願いいたします。ゴルフ会員権の情報をさらにご覧になられたい方はこちらからトップページに戻れます。